Pythonと!

プログラミングド素人の勉強日記です。

UbuntuにChromeとChromeDriverをインストールする

chrome
chromeのサイトからダウンロードしてGUIからインストール
Google Chrome ウェブブラウザ


chromedriver
取得するchromedriverのバージョンは適宜変更する
Downloads - ChromeDriver - WebDriver for Chrome

#chromedriverを取得する
$ curl -O https://chromedriver.storage.googleapis.com/2.37/chromedriver_linux64.zip
$ unzip chromedriver_linux64.zip
#chromedriverに実行権限を付与
$ chmod +x chromedriver
#chromedriverをパスの通っている場所に移動
$ mv -f chromedriver /usr/local/share/chromedriver
#シンボルの作成
$ ln -s /usr/local/share/chromedriver /usr/local/bin/chromedriver
$ ln -s /usr/local/share/chromedriver /usr/bin/chromedriver

引用元
chrome ヘッドレスの環境構築(Ubuntu編) – 株式会社ルーター

seleniumのPythonコードをHerokuにデプロイする

  • chromedriverのインストール

settingに以下を入れる
https://github.com/heroku/heroku-buildpack-google-chrome.git
https://github.com/heroku/heroku-buildpack-chromedriver.git

  • pythonファイルへの実装
from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.chrome.options import Options

options = Options()
options.binary_location = '/app/.apt/usr/bin/google-chrome'
options.add_argument('--headless')
options.add_argument('--disable-gpu')
driver = webdriver.Chrome(chrome_options=options)

Visual Studio Code はこの大規模なワークスペース内のファイル変更を監視できません。

VScodeで「Visual Studio Code はこの大規模なワークスペース内のファイル変更を監視できません。」というエラーが出たときの対処法

  • sysctl.confを開く
$ sudo vim /etc/sysctl.conf
  • 末尾に以下を追加して保存
fs.inotify.max_user_watches=524288
  • 設定を反映する
$ sudo sysctl -p

Djangoの始め方

  • プロジェクトの作成
$ django-admin startproject プロジェクト名 
  • アプリケーションの作成

作成したプロジェクトのディレクトリに移動して、

$ python manage.py startapp アプリ名
  • 作成したアプリケーションを登録する
INSTALLED_APPS = [
 ' ... ',
 '作成したアプリ名'
]
  • 開発サーバの起動
$ python manage.py runserver 
$ python manage.py makemigrations
$ python manage.py migrate
  • 管理サイトにアプリを登録
# admin.py

from .models import アプリ名
admin.site.register(アプリ名) 
  • スーパーユーザーの登録
$ python manage.py createsuperuser

Herokuの基本コマンド

  • ログイン・ログアウト
$ heroku login
$ heroku logout
$ cd project-folder
  • 初期化
$ git init
$ heroku git:remote -a project-name
  • デプロイ
$ git add .
$ git commit -am "comment"
$ git push heroku master
$ heroku run python hoge.py

dotenvの使い方

まずインストールします。
「--save」を付けることでpackage.json内のdependenciesにdotenvを記録できる。

npm install dotenv --save

次にプロジェクトのルートディレクトリに.envというファイルを作成して、以下のように環境変数を定義します。

USER=hoge
PASSWORD=123

呼び出すときは以下のようにします。

require('dotenv').config();

const USER = process.env.USER;
const PASSWORD = process.env.PASSWORD;